東北大、法学部のAO入試募集人員拡大

東北大学は3月31日付けで、「令和3年度(2021年度)東北大学入学者選抜について(予告)」を公開しました。

2021年度から、法学部のAO入試II期とAO入試III期の募集人員を増やすほか、文系学部の個別学力試験の試験時間を30分増やして150分にするそうです。 (詳しくはこちら

法学部は、東北大学を第一志望とする受験者を対象としたAO入試II期とAO入試III期の募集人員を拡大するそうです。

AO入試II期の募集人員は、変更前の20人に対し24人に増員し、AO入試III期も、変更前の募集人員22人に対し24人に増員するとのこと。AO入試の募集人員拡大に伴って、一般選抜(前期日程)の募集人員は118人から112人となりますが、入学定員の変更はないそうです。

また、文学部、教育学部、法学部、経済学部の一般選抜(前期日程)の個別学力試験(第2次選考)は、より一層「論理的な思考力・判断力・表現力等」を適切に評価するために、「国語」の試験時間を120分から150分に変更し、結果30分長くなるとのこと。

なお、2021年度東北大学入学者選抜については、6月に「令和3年度(2021年度)入学者選抜要項」を公表する予定だそうです。

ニチガクのコロナ対策について

ニチガクでは、日々新型コロナウィルス対策として、次の5項目を取り組んでいます。

1.教職員スタッフのマスク着用

2.空気清浄機の設置

3.教室内でのアルコール消毒

4.全教室の授業時間中の換気

5.授業時間の前倒し(第1期第5週~第1期期末までを予定しております。)

上記5項目を徹底し、感染防止に励んでおりますので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

国公立大2次募集、新潟大経済科学部・鳥取大医学部で計14名募集

文部科学省が3月30日、2020年度(令和2年度)国公立大学の欠員補充による第2次募集を実施する大学・学部を発表しました。3月30日午後3時現在で文部科学省に報告のあった大学は、新潟大学と鳥取大学の2校・2学部で、出願期間は4月1日から3日までとなっています。

3月30日に発表された欠員補充による第2次募集を実施する国公立大学・学部は、新潟大学経済科学部総合経済学科、鳥取大学医学部医学科(島根県枠)・保健学科検査技術科学専攻の2大学2学部とのこと。

新潟大学は経済科学部総合経済学科で8名を募集するとして、出願期間は4月1日から3日までとのこと。(詳しくはこちら

鳥取大学は医学部医学科(島根県枠)で3名、医学部保健学科検査技術科学専攻で3名を募集するとして、出願期間は4月1日から3日までとのことです。(詳しくはこちら

文部科学省は3月27日に筑波大学生命環境学群と静岡大学人文社会科学部(夜間主コース)、宮崎大学農学部、筑波技術大学保健科学部の4大学4学部でも欠員補充による第2次募集を実施するとすでに発表しています。

出願資格や出願方法などの詳細については、各大学のWebサイトで確認してほしいとのことで、今後も各大学から追加報告があり次第、文部科学省のWebサイトで公表するとのことです。