【入学ガイダンス】ニチガクの授業時間割と予約方法編

ニチガクの授業

ニチガクのレギュラー授業と時間割についての解説をいたします。プラス、授業を受けるにあたっての予約の手続きについてもご説明します。

ニチガクは、世間一般のスケジュールと同じように、月曜日から始まって日曜日で終わる1週間となっています。

月曜日から金曜日の平日と、土曜日・日曜日とは、1日のタイムスケジュールが異なっています。

平日の場合ですと、夕方5時から90分授業で、休み時間を挟みながら3コマ。

土日の場合は、午後2時から90分授業が4コマあります。授業と授業の間には、当然休み時間が挟まれます。

ニチガクの場合は、1週間の期間の中で、好きな日を選択してで自由に受けられる自由選択制の時間割を採用しています。

具体的には、例えば「英語α」という授業がニチガクにはあうのですが、この授業は、1週間の中で計6回あります

この6回の授業全部てに出るというわけではなく、皆さんの都合に合わせた曜日の「英語α」を選び、受けていただくという形になります。

「英語α」の授業は週6回講義がありますが、すべて同じ先生による授業というわけではなく、曜日によって講義する先生が違います。もちろん教える内容は同じなのですが、先生によって教えるスタイルやスピードが異なります。ですので自分のフィーリングに合った先生の授業を受けていただければよいかと思います。

たとえば、月曜日の先生が良いと感じたら、毎週月曜日の「英語α」の授業に出席すれば良いわけですね。

「英語α」を例に挙げていますが、ほかの科目も同様です。

授業の予約に関して

どのような予約の手続きが必要なのかというのお話をいたします。

ニチガクの授業に出席する場合は予約が必要です。

予約の手続きは大きく二つあります。

一つはニチガクの受付の窓口で直接手続きをする方法、もう一つは、電話で予約を入れるという2つの方法があります。

まず直接手続きをすう方法ですが、受付のカウンターに備え付けてあるファイルに必要事項を記入して頂ければ、その時点で予約が完了となります。

電話予約の場合は、ニチガクの受付に電話をかけ、何曜日のどの科目のどのレベルの授業を受講したいのかを受付のスタッフの方に伝えていただければ受付完了です。

この予約の手続きは、1週間前から行うことができるようになっています。

たとえば火曜日であれば、1週間後の火曜日の授業を今の時点で予約することができる

ようになっております。

また、どんなに遅くとも、その前日にあたる月曜日までであれば、予約の手続きは可能です。もし仮に予約の手続きが完了していて当日授業が受けられなかったり、体調を崩したり、あるいは様々なへ都合があって授業を受けられない場合は、予約のキャンセルの連絡を受付にしてください。

キャンセルをした場合は、振替受講が可能となっています。

固定予約

これまで解説した内容は、毎回授業を受ける前に予約をする場合の話でしたが、ある程度授業を受け続けると、皆さんのスケジュールや好みの授業が固まってくると思いますので、その場合は毎回毎回予約をする手続きを省くために、固定予約という制度も設けています。

これは、受付に、毎週何曜日の何の授業を受けますという手続きをしていただければ毎回

毎回予約する人がなくなります。

もちろん固定予約をしていながらも、たまたまどうしても出られないことがあった場合は、キャンセルをし、振替の申し込みをすることは可能です。

以上が、ニチガクの授業予約に関しての説明でした。