九州大、工学部が6学科から12学科に改組

九州大学が3月27日に、2021年度(令和3年度)以降の入学者選抜における変更予定について公表しました。(詳しくはこちら

工学部は現在の6学科から12学科への改組して12学科を学科群でグループ化する予定とのこと。

現行の工学部は次の6学科で構成されています。

建築学科、電気情報工学科、物質科学工学科、地球環境工学科、エネルギー科学科、機械航空工学科。

2021年以降の入学者選抜から次の12学科に改組するとのこと。
電気情報工学科、材料工学科、応用化学科、化学工学科、融合基礎工学科、機械工学科、航空宇宙工学科、量子物理工学科、船舶海洋工学科、地球資源システム工学科、土木工学科、建築学科

さらに12学科を次の学科群でグループ化にする予定だそうです。
I群は電気情報工学科
II群は材料工学科、応用化学科、化学工学科、融合基礎工学科(物質材料コース)
III群は融合基礎工学科(機械電気コース)、機械工学科、航空宇宙工学科、量子物理工学科
IV群は船舶海洋工学科、地球資源システム工学科、土木工学科
V群は建築学科
VI群は入学時にI~Vの学科群を特定しない

入学者選抜では、一般選抜(前期日程・後期日程)において、志願先を学科群に変更し、募集人員の一部を利用した学部一括入試を実施するそうです。また、航空宇宙工学科を除く11学科で、総合型選抜(大学入学共通テストを課す)も実施するようです 。

ただ、この変更は工学部の改組が確定した場合の予定であるため、今後の状況により変更する可能性もあるとのこと。