北海道大学も後期日程を中止

北海道大学が3月6日に、大学職員に新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受けて、3月12日に予定していた後期日程試験(一般入試個別学力検査)の中止を発表したそうです。これで新型コロナウイルスの感染拡大を受け、後期日程を中止を発表した大学は8校となりました。

同大学では当初、3月3日に後期日程試験を予定通り実施することを発表していましたが、3月4日夕方に同大学事務局職員が新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明したのだそうです。検討を進めた結果、後期日程試験の中止を決断をしたとのこと。(詳しくはこちら

後期日程試験の中止については、第1段階選抜の合格者全員にメールおよび郵送で通知文を送付し、合格判定については、大学入試センター試験の成績のみを用いて行うとのこと。配点については3月12日午後5時に大学Webサイトで公表し、当初の予定通り3月20日午前9時に合格者発表をするそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、後期日程試験を中止する大学は3月6日現在、旭川医科大学、帯広畜産大学、北見工業大学、北海道大学、北海道教育大学、山形県立米沢栄養大学、埼玉県立大学、高知大学の8校。

センター試験の成績や調査書の内容から合否を決定するほか、北海道教育大学岩見沢校(音楽文化、美術文化)では2次試験に代えて録画や作品などで評価するようです。