国公立(中・後期)23大学で2段階選抜実施

文部科学省が3月6日に、国公立大学入学者選抜(中期・後期日程)の2段階選抜実施状況を発表しました。2段階選抜は23大学29学部で実施されて、合計2,382人が不合格となったそうです。

中期・後期日程で2段階選抜を実施したのは、国立大で20大学22学部、公立大で3大学7学部の合わせて23大学29学部で、合計2,382人が不合格。

2段階選抜の不合格者がもっとも多かった大学から順に一橋大学の298人、岐阜大学の268人、奈良県立医科大学の226人、山梨大学の206人、東京都立大学の195人と続きます。

その一方で、2段階選抜の不合格者が0人となった大学は、次のとおりです。

<国立大>
東北大学、山形大学、筑波大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、富山大学、名古屋工業大学、京都大学、神戸大学、島根大学、徳島大学、香川大学、愛媛大学、九州大学
<公立大>
公立千歳科学技術大学、横浜市立大学、静岡県立大学、愛知県立大学、大阪府立大学、兵庫県立大学、和歌山県立医科大学
計21大学。

また、2段階選抜を取り止めた大学は15大学37学部、緩和した大学は11大学12学部だそうです。中期日程試験は3月8日より、後期日程試験は3月12日より実施されます。

3/5時点で新型コロナウイルスの感染拡大を受け、後期日程の中止を決定したのは、旭川医科大学や帯広畜産大学、北見工業大学、北海道教育大学、埼玉県立大学、高知大学の6大学とのことです。