国公立大、志願者数1位は千葉大…倍率1位は?

文部科学省が2020年2月20日に発表した国公立大学一般入試の確定志願状況によると、志願者数がもっとも多いのは「千葉大学」1万212人で、志願倍率がもっとも高いのは「山陽小野田市立山口東京理科大学」13.83倍だそうです。

2020年度国公立大学の入学者選抜2次試験の確定志願状況と倍率については、国公立大全体の合計は、募集人員10万146人に対し、志願者数が43万9,565人で、志願倍率が4.4倍だそうです。

大学別では、志願者数は「千葉大学」が1万212人ともっとも多く、続いて「北海道大学」の9,752人、「神戸大学」の9,315人、「東京大学」の9,259人、「大阪府立大学」の8,089人とのことです。

一方、志願倍率は「山陽小野田市立山口東京理科大学」が13.83倍ともっとも多く、ついで「公立諏訪東京理科大学」13.80倍、「下関市立大学」12.46倍、「釧路公立大学」11.32倍、「奈良県立大学」11.30倍となり、上位はすべて公立大学が占めたそうです。なお、国立大学で志願倍率が高いのは、「旭川医科大学」の8.22倍で、以下「東京芸術大学」の7.87倍、「電気通信大学」の6.76倍などが続きます。

先日、前期日程が終了し、この後、中期日程、後期日程と続きます。ウィルス感染等で様々なニュースが流れていますが、体調を整え、万全の状態で受験生の皆さんには臨んでほしいですね。