主要私立大学の志願状況

全国の主要私立大学107校の志願者数が前年度の94%と、減少しているようです。

全国107大学の一般入試の志願者数は179万1,446人、センター利用方式の志願者数は83万5,479人、合計262万6,925人(前年度比94%)となり、約15万人も減少しているようです。

首都圏では「首都圏理系10大学(千葉工業、北里、工学院、芝浦工業、東京工科、東京電機、東京都市、東京農業、麻布、神奈川工科)」のみが一般入試(前年比104%)、センター利用方式(前年比103%)ともに増加したとのこと。

「早慶上理(早稲田、慶應義塾、上智、東京理科)」では一般入試の志願者は前年比95%、センター利用方式の志願者は前年比85%と減少、「MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)」でも一般入試志願者は前年比96%、センター利用方式の志願者は83%と減少しているようです。

センター利用方式で大きく減少したのは、「成成明國武(成蹊、成城、明治学院、國學院、武蔵)」で前年比73%、「日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)」で前年比74%となっています。

首都圏以外だと「関関同立(関西・関西学院、同志社・立命館)」が一般方式とセンター利用方式をあわせた志願者は前年度比97%、「南山・愛知・中京・名城」の志願者は前年度比98%、「北星学園・北海学園」の志願者は前年度比110%となっているそうです。

これは18歳人口の減少だけではなく、私立大学が定員超過是正に対処した結果、入試が難しくなったこと、大学共通テスト関連の騒動による不安感などから、推薦やAO入試などに多く流れたのではないかと思います。