東大、2021共通テストで英語リスニング活用へ

東京大学は2月10日、2021年度一般入試の選抜方法について発表しました。大学入学共通テストの英語は「リーディング」140点満点、「リスニング」60点満点と換算して利用することとなったようです。(詳しくはこちら

発表によると、2021年度の一般入試については、大学入学共通テストの教科・科目は現行の大学入試センターと同じく、文科各類で5教科8科目または6教科8科目、理科各類では5教科7科目を課すそうです。

一般入試における外国語「英語」の利用方法は、現行の大学入試センター試験では英語は「筆記」のみを課していたのですが、2021年度の大学入学共通テストでは、「リーディング」140点満点、「リスニング」60点満点と換算して利用するになったそうです。

なお、記述式問題が見送られているため、現行のセンター試験同様、マーク式問題の利用とのことです。