2021共通テスト英語の配点比率はどうなる?

大学入試センター試験に代わって2021年1月16日・17日に実施される、2021年度大学入学共通テスト。

大学入試センターの発表では英語は「リーディング」と「リスニング」として出題され、配点が共に100点ずつの計200点満点となっています。

ただし、実際の入試の配点比重は「各大学で決定」することになっています。

そのため、大学によって様々な配点比率のパターンが生じることになります。

昨年末、各国公立大学が提示した予告を基に、旺文社が調査したところによると、次のパターンが多かったとのこと。

①従来の「センター試験」と同じ「4:1」

②大学入試センター発表通りの「1:1」

なお、東北大学や東京医科歯科大学などの難関国公立大学は上記の2つとは異なる「3:1」だそうです。

いずれにしろ、従来のセンター試験よりも共通テストでは「リスニング」対策の重要性が増すようです。

大学によって比率の数字が変わり、また各大学の「予告」が変更される場合もあるので、しばらくは目が離せない状況となりますね。