半数以上の大学・短大が「漢検」を評価・活用!

日本漢字能力検定協会が先日、大学と短大を対象とした2019年度「漢検」「文章検」資格活用状況調査結果を公表したそうです。

この調査は2019年8月~11月において、全国の大学・短大1,074校を対象に実施し、大学741校、短大303校の計1,044校より回答を得て集計したものだそうです。

「漢検」を評価していると回答した大学・短大は1,074校中615校(57.3%)と半数を超えているそうで、「文章検」を評価・活用している大学・短大は1,074校中454校(42.3%)と4割強だとか。

漢検の活用状況を入試別でみると、「推薦入試」354校がもっとも多く、次に「AO入試」344校で、「一般入試」で95校が活用と回答したそうです。

また、出願要件や点数加点などで「文章検」を活用する大学・短大は454校中437校になったそうです。

推薦等を考えているみなさん、英語の外部試験のほか、漢検などもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。