青山学院大学の入試科目に、革命的な変化が!!

皆さん、とんでもないことが起こりました!

2021年度入試の方針を、青山学院が再発表したのですが・・・

以前の発表時にも、国際政治経済学部、法学部、総合文化政策学部では、独自問題(融合問題)が出ることはわかっていたのです。

とはいえ、きっと、

「こんな問題は対策するのが大変だし、きっと配点は低いんだろう

「配点がもし高いとしたら、定員が少ないんじゃないかな

などと思っていました。

しかし!!

それは大きな間違いでした。

サンプル問題を見てもらえばわかるように、これまでの大学入試問題とはまったくの別物あるにも関わらず!

「配点が超高くて!」「定員も多い!」

のです。これは・・・やばいです。やばい×100です。

青山学院恐るべし!!

ちなみに、チューターの石井さんはこういう問題は超得意と話していたので、対策法は石井さんに相談してみましょう!!