センター試験 志願者数55万7,698人(確定)利用大学は過去最多の858校!

大学入試センターは12月6日、2020年度(令和2年度)大学入試センター試験の確定志願者数と利用大学・短期大学数を発表しました。志願者数は55万7,698人で、前年度より1万9,132人減少し、現役志願率は、前年度より0.7ポイント減の43.3%となり、利用大学数は過去最多の858校になるとのこと。

志願者数55万7,698人の内訳は以下の通りです。

現役生(高校等卒業見込者)は45万2,234人(前年度より 1万2,716人減 )。

既卒者(高校等卒業者)は10万376人 (前年度より 6,306人減 ) 。

高卒認定などは5,088人 (前年度より 110人減 ) 。

2020年3月に高校等卒業見込みの現役生のうち、センター試験への出願者の割合を示す「現役志願率」は、前年度比0.7ポイント減の43.3% で、半数以上の現役生は出願しないそうです。

大学入試センター試験利用大学・短期大学の総数は昨年度より6校増えて858校と過去最多となるようです。

センター試験まであと1ヶ月、体調に気をつけて臨んでほしいと思います。