小論文・面接対策講座

小論文面接対策

塾長自らが指導する特別講義

講座が行われる場所と時間、頻度を教えてください

ニチガクの大教室にて、毎週日曜日の夕方から約3時間の講義が行われます。集団授業は週に1回ですが、個別指導は授業日以外には個別対応をします。

塾長指導の実績を教えてください

4桁を超える数えきれないほどの生徒を大学に合格させてきています。それも、高校の先生や、他塾から「お前には絶対無理だ」と言われた生徒も、毎年何人も合格に導いており、奇跡の逆転合格などと言われています(我々からすれば奇跡でもなんでもないのですが)。

大学、学部、学科ごとに異なる要求をクリア

なぜすべての学科に対応できるのですか?

長年の指導経験と実績、日々の情報収集とアップデートを怠っていないからです。また、新宿で40年以上の長きに渡り指導をしてきている歴史があるため、現在は、医療、金融、工学、法曹、マスコミなど様々な業界で活躍する卒業生たちからの情報も貴重な情報源となっており、彼らからもたらされる最新情報も志望理由書や論文、プレゼンテーションの役に立っています。

ニチガクの面接指導は、将来就職活動にも使えますか?

もちろんです。むしろ、この方法は、将来の就職活動にこそ十分通用するメソッドです。したがって、超高校級の方法論を伝授しますので、時には高校の放課後の指導とは真逆なことも教えることもありますが、我々を信じてついてきてください。
実際、ニチガクの卒業生たちは、「小論・面接講座」で身に着けたスキルを就職活動にも活用し、一部上場企業や有名企業、第一志望の就職先の内定を勝ち取っていることが、なによりの証明でしょう。

なぜ学校の指導だけだと合格が難しいのでしょうか?

学校の先生は、その道のプロではないからです。もちろん、日夜、最新受験情報を仕入れて指導に取り入れている先生方もいらっしゃるでしょうが、そのような先生はごくごく僅かです。というのも、授業、生徒指導、部活の顧問、イベント、保護者対応などなど、受験指導以外に携わる業務が多すぎます。とてもではありませんが、論文作成能力、面接力など、生徒を難関大学に合格できるレベルにまで引っ張り上げるだけの指導時間やノウハウをお持ちだとは思えません。

時代の変化にあわせてアップデート

卒塾生の情報でアップデート

毎年「奇跡の逆転合格者」を出しているとのことですが?

ニチガクでは、大学の傾向を分析し、的確に対策をとっています。その結果として、毎年、親・学校・以前通っていた塾からは「絶対に無理!」と匙を投げられた生徒でも、高い確率で合格を出しています。そのような生徒は、学校など周囲からは「奇跡の合格」や「奇跡の逆転劇」と言われているようです。しかし、可能性を極限まで追求するニチガクにとっては、奇跡でもなんでもありません。適切な方針を打ち出し、受験日までの日数の中、受験生は無駄な努力を排した一転集中型の努力をきちんとこなせば、不可能と言われたことも覆すことは十分に可能なのです。

たとえば、上智、慶應SFCクラスに合格するためには、どれくらいの頻度で指導を受ければよいですか?

日曜日の集団授業のほか、受験一か月前からは、最低でも週3~4回のペースで個人指導とマンツーマンレッスンを受けた生徒が比較的高い合格率を出しています。
もちろん、個別指導は随時応じていますので、その日にニチガクに来るor来ないは生徒さんご自身の自由判断です。しかし、やはり難関大学に合格する生徒は試験日までは、ほぼ休まずに通って指導を受けるケースが多いですね。もちろん、それに対応できるだけの体制は整えています。

志望理由が思い浮かびません。その時はどうすればよいですか?

志望する学部・学科に合った将来像を各生徒の状況に合わせて面談を繰り返すことで、一緒に考えていきます。また、将来像にあった知識を身に着けていただくために、読書やインターネットを用いたリサーチもしていただいています。

お問い合わせ

Contact

ご入会・ご質問などニチガクに関するお問い合わせは、お電話もしくはフォームからお気軽にお問い合わせください。

0120-182-502

お気軽にご連絡・ご相談ください。

infomation
入会までの流れ
資料請求
よくある質問